読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介と、この先やってみたいこと

f:id:duong:20161213153347j:plain

ベトナムでキャリア教育をしながら自分のキャリアについても考える日々です。
自分の自己紹介と、この先やりたいことについてアウトプットしてみます。

 

自己紹介

琉球大学 理学部海洋自然科学科生物系 休学中
株式会社がちゆん 事業統括マネージャー兼CMO
ASEAN WORK NAVI ライター

大阪生まれ京都府育ちで大学から沖縄在住です。
高校時代、北の大地で美味しい冷やし中華の研究をするという夢がありましたが大きく方向転換をし南国へたどり着きました。

大学1年次のとき、あるきっかけでベトナムホーチミンへ行きます。
そこでベトナムの活気と熱気、雰囲気に大きく惹かれ、ベトナムが大好きに。
1回目の渡航依頼、半年に1回以上のペースで訪問しています。

また、ベトナムの教育課題に関心を持ち沖縄の教育系ベンチャー企業「株式会社がちゆん」に入社しました(2015年6月~)。
主に沖縄県に来る修学旅行生を対象とした、教育プログラムの提案と開発・提供を行っている会社です。
教育的な知識と経験を積むとともに、事業統括という立場でプロジェクトマネジメントや企画・戦略の立案実行を担当させてただいております。
また2016年11月より新たにCMOという役職も担うことになりました。
webマーケティングに関して勉強をしながら、試行錯誤の毎日です。

2016年10月~来年2月まで、ハノイホーチミンにてベトナム人向けの日本語教育と人材育成の会社でOJT研修を受けています。
大好きなベトナムへの事業展開を構想しながら、ベトナムの教育事情の研究とベトナム人向けの日本語教育とキャリア教育を行っています。
また、日越交流や日越連携というキーワードのもと新規事業開発も担当しています。

OJT研修でハノイに来ている間、ベトナムで活躍している日本人との繋がりを欲して「アセナビ」のメンバーに加わりました。
6年以上の執筆歴(ブログ含)を生かしてアセナビの成長にも携われたらと思っています。

 

この先やりたいこと

モットーである「Your time is・・・(ジョブズの名言)」を体現できる生き方をしたいと思っています。
○ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれない生き方。
○自分に素直で前向きな生き方。
自己実現を追求する生き方。
仕事でも、人間関係でも、これを行動指針としていきたいです。

だけどそれは自分勝手に生きたいわけではなく。
自己実現を目指す結果には"社会実現"を大切にしたいです。
その基準として、働くうえでは"empowerment"と"sustainability"を重視したいです。
この二つの精神は、「Enactus」という世界的NPO組織から学んだことです。

Enactus - Dedicated to making the world a better place through entrepreneurial action.

 

・・・といってもまだまだ自分の経験もスキルも甘いです。
様々な経験をしながら、また挑戦と失敗を繰り返しながら、自分の価値を高めたいと考えています。

 


・子どもたちへの金融教育を行い、社会に出る前に世の中の仕組みを知るとともに、より自分らしく自立した生き方を探求できる人を育てたい
・キャリアに迷っている人たちを応援できるようなサービスを作りたい
・「自然×IT」で、沖縄の海洋環境保全に役立つサービスを開発したい
・スペインに行って「情熱の国」のナンパ法などスペイン流コミュニケーションについて学びたいw
・『”ベトナム”といえば三上だよね』といわれる存在になりたい
ベトナムだけでなく、イスラエルやスペイン、オーストラリアでもチャレンジしてみたい
・インテリアデザインにこだわった素敵な空間を作りたい

 


人生を通してやっていきたいことは、世の中の暴力をなくすことです。
直接的な暴力も、構造的な暴力も。
もっと美しくてもっと面白い世界を目指したいです。

 

 

 

書いてみて思うこと

以前はベトナム好き好きしていた。
例えるなら、ベトナムに恋している状態。
けどそこで働く経験を得て、また沖縄の活動も俯瞰して見てみることで、ほかの自分の可能性や興味分野が見えてきている。

もちろんベトナムは好きだしこれからもずっと考え続けるしベトナムでの挑戦はやめないが、それだけで他が見えなかった状態から脱した。。。と思う。
ベトナムへの気持ちは恋から愛に変わった、ということかな

Your time is・・・の通り、自分らしさや自己実現というところは本当に追っていたい。それは変わらない。
そしてその結果もっっと良い世界や社会の仕組みができている、という状態でありたい。

そのための具体的仕事の領域や業界、というものにまた悩みながら、今やることを一生懸命やっていきます。